【SHARP KC L50】若いうちに空気清浄機を買うべき理由&レビュー

こんにちは、なすびです。

今回は空気清浄機を購入しましたんで、軽くレビューしていこうと思います。

内容としては

  1. 出来るだけ若いうちに空気清浄機を買うべき理由
  2. 【機能や維持費】『SHARP KC L50』にした理由
  3. 【下手したら意味なし】空気清浄機を置く場所の注意点

なんてポイントを軽くまとめていければと思います。

出来るだけ若いうちに空気清浄機を買べき理由

当ブログではメンタル系を扱ってるのでその辺についてです。

「大気汚染で健康状態が悪化する!」なんて話は耳にタコかもしれませんが、実はメンタル状態も悪化するかもって話があるのが実に怖いところです。

具体的なデータを見ていくと、

  • 2019年の研究:6,812人の子供のデータを分析した研究によると大気汚染の増加で子供が精神病院に通う可能性が跳ね上がり、適応障害や自殺傾向がある子供は特に悪影響を受けやすかった(P)
  • 2019年の研究:145人の子供を対象にしていた研究では、車の排気ガスによる大気汚染が不安症状の増加と関係していた(P)

という感じです。都会に住むほど大気汚染レベルは当然高くなるわけですから、メンタル面からも部屋の空気を綺麗しておいて損はないですからね。

まあ広く考えると空気清浄機で老化予防になると言っても過言ではないわけですから、25歳の私は「これは若いうちに買っておかないと損じゃん!」と思って買ってしまいました。

【機能や維持費】SHARP KC L50 W にした理由

今回自分が購入したのが『SHARP KC L50 W』という機種の1番小さいやつ(13畳モデル)になります。

この機種にした理由をざっくりとまとめると

  • とにかく初期費用が安い!(Amazonのセールで約1万6千円)
  • デザインがかっこいい!
  • サイズが小さい
  • 加湿機能は使わない

という感じです。

「理由がちょっとアバウトじゃない?」と感じるかもしれませんが、Panasonic、DAIKIN、ダイソン、アイリスオーヤマなど色々比べてみて、

  • グレードの低いモデルだとホコリや匂いといったフィルター系に大きな差を感じなかった
  • 加湿機能を使わない前提だったので、「気化式」とか「スチーム式」とかは無視

という理由から上記の空気清浄機を選びました。フィルターの強さより、コスパを優先とデザイン重視した感じですね。

デメリットとしてはSHARP製品は維持費が高い(2年に1度イオン発生ユニット:約5000円)っていうポイントなのですが、「4年も使えば空気清浄機ごと買い換えることになるだろう」ということで無視しました。

後はSHARP商品の中でも加湿器機能のない「FU-L50」という機種と迷いましたが、ホコリブロックと消臭機能に差がありそうだったのでこのモデルにしました。セール中だったので、今回買ったやつの方が安かったのもありますが、、、(18000円 VS 16000円)

使い始めてから1週間くらい経ちますが、部屋の空気は確実に綺麗になってる感じはありますし、掃除する時に出るホコリの量も減っているように感じるので、色んな意味を含めて買ってよかったと思ってます。

最近空気清浄機の購入を検討してる方は、出来るだけ若いうちに空気清浄機を買っておくといいと思います。

【下手したら意味なし】空気清浄機を置く場所の注意点5選

これはオマケのような内容なので詳しく知りたい方は改めて調べて欲しいのですが、

  1. 窓の近くに置かない
  2. 家具の間といった狭い隙間に置かない
  3. 扇風機やエアコンの気流をうまく使う
  4. 部屋の出入り口付近に置く
  5. 24時間稼働させとく

といったポイントは抑えておきたいところ。

空気清浄機のタイプによっては意味がなくなってしまうみたいなので、注意して使ってみてください。

自分の場合冬場ではありますが、小さな扇風機を回して部屋の空気を循環をアシストしております。

コメントする